着物の買取相場を種類別にまとめました

着物の買取相場を種類別にまとめました

購入時には高額なお金を投じて手に入れた着物。売却するとなった場合はどのくらいの価格で買い取ってもらえるのか気になるものです。

こちらのページでは、着物の買取相場を種類別にまとめてご紹介するとともに、それらの着物をより高く買い取ってもらうためのポイントもお伝えします。

種類別着物の買取相場

着物と一口に言ってもいくつもの種類があり、それによって買取価格の相場も異なります。往々にして、訪問着や振袖が高く買い取られる傾向があります。

訪問着:8,000〜40,000円

胸元から裾まで絵柄が入った華やかな訪問着は、既婚、未婚を問わず、ささまざまな用途で着用できる着物です。需要も高く、着物の中では最も高価で買い取りされやすい傾向にあります。

しかし品質によって買取価格には大きく差が生じ、0円になることもあれば、数万円、数十万円の値がつくこともありえます。買取価格に影響するポイントについては後で詳述しますが、ポリエステル製のものは0円になる可能性も高いでしょう。100%絹製であれば、最低でも8,000〜9,000円は見込めます。

振袖:10,000〜40,000円

未婚女性向けの着物の中で最も格式が高い振袖。これも高価買取を期待できる着物の一つです。振袖は袖の長さによって大振袖、中振袖、小振袖に分類され、長いほど高額になります。

留袖:5,000〜12,000円

基本的に既婚女性向けの着物である留袖も、比較的高価での取引が期待できます。最も格式が高い着物の1つであり、もともと高い品質の着物であることが高価買取につながる理由です。

地の色が黒のものを黒留袖、それ以外のものを色留袖と呼びます。色留袖は黒留袖と訪問着の中間にあたり、慶事に使うことも可能。そうした着用範囲の広さに加え、有名作家の手になる作品も多いことから、高い価値がつきます。

付け下げ:3,000〜12,000円

訪問着を簡略化したもので、カジュアルな着物である付け下げ。生産も訪問着と比べて手間がかからず、そのぶん手頃な値段で売られているため、買取価格も比較的安くなります。

紬:3,000〜10,000円

紬は普段着や部屋着として着用されるカジュアルな着物。普段着という性質上、日本各地に独特の特色を持った紬が見られ、特に大島袖(鹿児島県奄美大島)、結城紬(茨城県・栃木県)、塩沢紬(新潟県南魚沼市)などといった有名な産地で作られたものは高価で取引されます。

色無地:3,000〜5,000円

黒以外の単色で染められた模様のない着物である色無地。基本的には普段着ですが、紋を入れると略式の正装として使えるため非常に便利な着物と言えます。自分の家の家紋が入っているような着物でも、買取はしてもらえます。

小紋:1,000〜7,500円

生地の上下に関係なく細かな柄が全体に散りばめられている普段着である小紋。江戸小紋や加賀小紋、京小紋などの柄は人気が高く、高価買取が見込めます。

長襦袢:100〜2,000円

長襦袢は下着であるという性質上、中古での需要は低く、あまり高額査定は望めません。しかし未使用のものや、有名ブランドのデザインの凝ったものなら、相場よりは高く売れることが期待できるでしょう。

帯:4,000〜7,500円

主に振袖や留袖、訪問着に合わせて着用する袋帯、小紋や紬に合わせる名古屋帯、浴衣に合わせる半幅帯の3種類に分けられます。半幅帯はもっとも格付けが低く買取してもらえないこともありえます。名古屋帯の場合は4,000円、最も高級な袋帯は7,000〜10,000円前後が相場となります。

またワンタッチ帯などといった手軽に使えるものも近年需要が高く、3,000円前後で取引されることもあります。

買取価格が高くなる4つのポイント

着物の中古買取の相場をある程度把握できたところで、今度は少しでも高額で売れる着物の特徴を紹介します。

1.作家や産地を保証する証紙が付属している

同じ種類の着物でも、有名作家の手がけたものなら非常に高額の査定がつき、数万円、なかには数十万円の値がつくものもあります。

例えば、代表的な着物作家としては、

  • ・柿本市郎
  • ・北村武資
  • ・志村ふくみ
  • ・玉那覇有公
  • ・由水十久

など。他にも多数の有名作家がいます。

また、前述した大島袖や結城紬のように、有名な産地で作られたものも高額査定につながる要因になります。

高級な着物を購入した際には必ず、作家や産地を保証する証紙が付属するものです。売却する際にはこれを忘れずに提示しましょう。証紙のあるなしによって数万円単位で買取価格に差が出るかもしれません。

2.色合いが万人受けする

年齢と問わず着用できる色合いの着物の方が当然需要が高く、高額査定が期待できます。

また、振袖に関しては特に流行の移り変わりが早いため、古くなるほど価格は下がります。一方で留袖は伝統的な柄が好まれるため、流行り廃りに左右されずに査定額が付けられます。

3.100%絹でできている

近年ではポリエステルでできた洗濯できる着物なども多く出回っていますが、高値がつくのは100%絹製の正絹(しょうけん)と言われる着物です。正絹の着物は、絹の重さを表す単位である匁(もんめ)が大きいほど高価になります。

4.着物専門の買取店で売る

宅配買取

着物はオークションやリサイクルショップなどで売ることもできますが、適切な価格で売るためにはやはり着物の査定を得意とする専門店に売却することがおすすめです。

リサイクルショップの店員などは着物の知識があるわけでもなく、本当はその何倍も価値のある着物でも安値で買われてしまう可能性が非常に高くなってしまいます。

着物の査定経験が豊富な買取業者に頼むことが、実際の価値通りの金額を受け取るための一番の近道です。ただし重量があり、かさばる着物は持ち運びに労力がかかります。宅配買取がベストといえるでしょう。

着物の買取価格は種類によって異なる

振袖や留袖、色無地や小紋など、着物には用途に応じてさまざまな種類があり、それによって買取価格の相場も異なります。

また同じ種類であっても品質によって大きく買取価格が上下します。適切な価格で売るためには着物買取専門店に依頼するのがよいでしょう。