古い着物の買取相場はいくら?おすすめの買取方法を徹底比較!

古い着物の買取相場はいくら?おすすめの買取方法を徹底比較!

無料査定を申し込む
購入時には高額なお金を投じて手に入れた、大切なお着物。

着なくなったり、押入れを整理したいと思ったときに「古い着物を売りたい」「着物買取を利用したい」と考える方も多いと思います。

そのときに気になるのは、ズバリ金額。着物買取を依頼するときに「いくらで買い取ってもらえるのか」ということですよね。

こちらのページでは、着物の買取相場を種類別にまとめてご紹介するとともに、古い着物をより高く買い取ってもらうための買取方法の比較もお伝えします!

着物の買取相場を種類別に比較

着物と一口に言ってもいくつもの種類があり、それによって買取価格の相場も異なります。

ここでは、種類ごとに買取相場をご紹介します!古い着物を売りたいときの参考にしてみてください。

訪問着の買取相場

訪問着の買取相場

胸元から裾まで絵柄が入った華やかな訪問着は、既婚、未婚を問わず、ささまざまな用途で着用できる着物です。

需要も高く、古い着物の中では最も高値で買い取りされやすい傾向にあります。

しかし品質によって買取相場には大きく差が生じ、0円になることもあれば、数万円、数十万円の値がつくこともありえます。

買取価格に影響するポイントについては後で詳述しますが、ポリエステル製のものは0円になる可能性も高いでしょう。

100%絹製であれば、8,000〜9,000円は見込めます。

ポリエステル素材の訪問着:~5,000円

ノーブランドの訪問着:~30,000円

人間国宝 羽田登喜男の訪問着 叩き染荒波文:~50,000円

久保田一竹 辻が花の訪問着:200,000円

由水十久の訪問着:200,000円

関連記事
訪問着の買取相場は?高値で売る6つのコツとおすすめの売却方法(リンク)

振袖の買取相場

振袖の買取相場

未婚女性向けの着物の中で最も格式が高い振袖。これも高価買取を期待できる着物の一つです。

一般的な着物の買取相場は~3万円。一方で振袖の場合は~40,000円ほどとされています。

振袖は袖の長さによって大振袖、中振袖、小振袖に分類され、袖が長ければ長いほど高額になります。

関連記事
振袖の買取相場はどの位?低価格な素材と高く売るコツを解説(リンク)

留袖の買取相場

留袖の買取相場

基本的に既婚女性向けの着物である留袖も、比較的高価での買取が期待できます。

最も格式が高い着物の1つであり、もともと高い品質の着物であることが高価買取につながる理由です。

地の色が黒のものを黒留袖、それ以外のものを色留袖と呼びます。色留袖は黒留袖と訪問着の中間にあたり、慶事に使うことも可能。

そうした着用範囲の広さに加え、有名作家の手になる作品も多いことから、古い着物のなかでも買取相場は比較的高めになっています。

京友禅黒留袖:~150,000円

羽田登喜男 黒留袖:60,000円

蒋雪英作 総相良刺繍色留袖:30,000円

藤林徳扇 色留袖:50,000円

関連記事
留袖の買取相場は?最高50万円越え?高額買取5つのコツを紹介!(リンク)

付け下げの買取相場

付け下げの買取相場

訪問着を簡略化したもので、カジュアルな着物である付け下げ。

生産も訪問着と比べて手間がかからず、そのぶん手頃な値段で売られているため、買取相場も比較的安くなります。

しかし有名作家のお品などはその限りではなく買取相場の幅はかなり広めになっています。

作家物の付下げをお持ちの場合は、一度査定に出してみることをおすすめします。

一般的な付下げ:~20,000円

辻が花:~20,000円

森口華弘作 付下げ:~70,000円

城間栄順作 付下げ:~200,000円

関連記事
付下げの買取相場はいくら?高く売るコツと処分方法を解説!(リンク)

紬の買取相場

紬の買取相場

紬は普段着や部屋着として着用されるカジュアルな着物。

紬は無名の物であっても~10,000円と買取相場は高めに設定されています。

普段着という性質上、日本各地に独特の特色を持った紬が見られ、特に大島袖(鹿児島県奄美大島)、結城紬(茨城県・栃木県)、塩沢紬(新潟県南魚沼市)などといった有名な産地で作られたものは高価で取引されます。

大島紬:~300,000円

牛首紬:~50,000円

久米島紬:~100,000円

塩沢紬:~70,000円

結城紬:~100,000円

関連記事
紬の買取相場は?高価買取可能な種類と高く売るコツを解説!(リンク)

色無地の買取相場

色無地の買取相場

黒以外の単色で染められた模様のない着物である色無地。基本的には普段着ですが、紋を入れると略式の正装として使えるため非常に便利な着物と言えます。自分の家の家紋が入っているような着物でも、買取はしてもらえます。

ノーブランドで紋なしの色無地でも、最大5,000円の値が付けられる場合もあるほど、買取相場は高めです。

しかし、保存状態が悪い古い色無地の場合は買取価格が下がる傾向にあるため、買取希望の方は劣化が進む前に早めに査定してもらうのがおすすめです。

ノーブランドの色無地(紋なし):~5,000円

ノーブランドの色無地(1紋あり):~8,000円程度

中正享子作 色無地 本場加賀友禅:~10,000円

久保田一竹作 辻が花染:~80,000円

関連記事
色無地の買取相場は高い?高価買取のコツと売却方法を徹底解説!(リンク)

小紋の買取相場

小紋の買取相場

生地の上下に関係なく細かな柄が全体に散りばめられている普段着である小紋。

小紋の買取相場は素材・保存状態などによって大きく変わります。状態が悪い小紋の買取価格は数百円程度で、最悪の場合は査定額がつかないことも。

しかし有名作家・人間国宝が手掛けた小紋となると10万円以上の買取価格になることもあります。

江戸小紋や加賀小紋、京小紋などの柄は人気が高く、高価買取が見込めます。

汚れが目立つ小紋:~2,000円

無名品の小紋:~5,000円

有名作家の小紋:~5,0000円

人間国宝の小紋:~100,000円以上

関連記事
小紋の買取相場を徹底調査!高く売れる方法や江戸小紋など人気の柄を解説!(リンク)

長襦袢の買取相場

長襦袢は下着であるという性質上、中古での需要は低く、あまり高額査定は望めません。

しかし未使用のものや、有名ブランドのデザインの凝ったものなら、相場よりは高く売れることが期待できるでしょう。

帯の買取相場

帯の買取相場

帯の買取相場は安いもので~1,000円ほどですが、高額な帯になると20万円になることもあり、大きく違います。

帯の種類によって買取価格も大きな差がでます。

袋帯:~20,000円

名古屋帯:~15,000円

丸帯:~10,000円

半幅帯:~5,000円

半幅帯はもっとも格付けが低く、買取してもらえないこともありえます。

またワンタッチ帯などといった手軽に使えるものも近年需要が高く、3,000円前後で取引されることもあります。

関連記事
着物帯の買取相場は?高額査定を狙えるコツと帯の特徴を解説(リンク)

反物の買取相場

反物の買取相場

反物は主に「小紋」「紬」「浴衣」「付け下げ」など、同じ柄が繰り返されている素材のことです。

反物も問題なく買取が可能で、状態が良いものなら高価買取も可能です。

一般的な反物:~3万円

正絹:~4万円

結城紬:~10万円

大島紬:~20万円

特に、生産地やメーカーを証明できる証紙が付属している反物は、高価買取に繋がります。

関連記事
反物の買取相場は?高額買取ができる反物と特徴について解説(リンク)

着物の買取価格をアップさせる4つのポイント

着物の買取価格を上げる4つのポイント

着物の中古買取の相場をある程度把握できたところで、今度は少しでも高額で売れる着物の特徴を紹介します。

作家や産地を保証する証紙が付属している着物

着物の証紙

同じ種類の着物でも、有名作家の手がけたものなら非常に高額の査定がつき、数万円、なかには数十万円の値がつくものもあります。

高級な着物を購入した際には必ず、作家や産地を保証する証紙が付属しています。売却する際にはこれを忘れずに提示しましょう。

着物買取では、証紙のあるなしによって数万円単位で買取価格に差が出る場合もあります。

代表的な着物作家としては、

・柿本市郎
・北村武資
・山田貢
・羽田登喜男
・由水十久

など。他にも多数の有名作家がいます。

また、前述した大島袖や結城紬のように、有名な産地で作られたものも高額査定につながる要因になります。

色合いや柄が万人受けする着物

年齢と問わず着用できる色合いの着物の方が当然需要が高く、高額査定が期待できます。

また、振袖に関しては特に流行の移り変わりが早いため、古くなるほど価格は下がります。

一方で留袖は伝統的な柄が好まれるため、流行り廃りに左右されずに査定額が付けられます。

100%絹でできている着物

絹100

近年ではポリエステルでできた洗濯できる着物なども多く出回っていますが、高値がつくのは100%絹製の正絹(しょうけん)と言われる着物です。

正絹の着物は、絹の重さを表す単位である匁(もんめ)が大きいほど高価になります。

比較的新しく、保存状態が良い着物

着物のたとう紙

比較的最近(過去10年以内が目安)作られたお着物は、高く買取できる場合が多いです。

また保存状態が良く、生地の傷みや変色、カビ汚れなどがない綺麗な着物は買取価格が上がる可能性が高まります。

日頃の保管方法に気をつけ、買取に出す際はたとう紙や新聞紙などを利用し、 シワや汚れがつかないようにすると良いでしょう。

着物を売る方法を徹底比較!

ここまで、着物の買取相場と高く売るためのポイントをご紹介しました。

手持ちの着物のこともわかったし、いよいよ着物を売りたい!というときに、悩むのは着物の売り方です。

お次は、着物を売る方法を比較しながら、それぞれのメリット・デメリットをご紹介します。

リサイクルショップで着物を売るメリットとデメリット

着物の保存状態がよく、きれいであればリサイクルショップに売ることを考える人も多いでしょう。

リサイクルショップは誰でも気軽に利用できて便利ですが、着物専門の鑑定士(査定士)がいないということには注意が必要です。着物の価値をわかってもらえず、買取価格が低くなるケースも多いです。

しかし、着物以外の不用品もある場合はまとめて買い取ってもらえるので、買取価格が低くても気にならない場合にはいいかもしれません。

リサイクルショップのメリット

  • ・全国どこにでもあるので、気軽に利用できる
  • ・着物以外の不用品もまとめて買い取ってもらえる

リサイクルショップのデメリット

  • ・着物専門の鑑定士がいないので、買取価格が低くなる可能性が高い
  • ・お店に持ち込むのが手間

フリマアプリやネットオークションで売るメリットとデメリット

写真や説明文などを工夫すれば、高値で売れる可能性もじゅうぶんあるのが「フリマアプリ」や「ネットオークション」です。

しかし、相場がわからずに、「もっと価値がある着物なのに安く売りに出してしまった」「値段を高く設定しすぎて買ってもらえない」といった状況も考えられます。

また、個人間のやりとりになるので、「クレーム」が発生することも。クレームを避けるためには、着物の状態がよくわかるような写真を撮り、目立つ汚れなどはアップで撮ったものを掲載しましょう。

納得した人だけに購入をお願いするようにすることも重要です。

購入した人とのやり取りや、梱包・発送まですべて自分で行う必要があるので、面倒に思う方もいるでしょう。

また、出品料や販売手数料がかかるケースもあり、クレームやトラブルのリスクも考えるとあまりおすすめはできません。

フリマアプリのメリット

  • ・高値で売れる可能性がある

フリマアプリのデメリット

  • ・適正な値段で販売することが難しい
  • ・クレームが発生する可能性がある
  • ・出品料や販売手数料がかかる

着物専門の買取業者に売るメリットとデメリット

着物を適切な相場・適正な価格で売るためにはやはり着物の査定を得意とする専門店(着物買取専門店)に売却することが重要です。

着物の査定経験が豊富な買取業者に頼むことが、実際の価値通りの金額を受け取るための一番の近道です。

また、着物専門の買取業者には「宅配買取」や「訪問(出張)買取」サービスを展開している場合が多いので、手軽さを求める方にもおすすめです。

もちろん近くに店舗がある場合は、持ち込みも◎。

実際に、着物を売った経験がある人のうち、約半数が着物買取サービスに着物を売ったと回答しています。

着物の売却先に関するアンケート結果

着物買取業者のメリット

  • ・適正な価格で買い取ってもらえる
  • ・「宅配買取」や「訪問買取」などのサービスも利用できる

着物買取業者のデメリット

  • ・特に無し

古い着物の買取なら着物専門店「着物10」の宅配買取がおすすめ

着物10のトップページ

着物の買取相場と業者の選び方をご紹介しましたが、「とにかく簡単で、お得」な方法をお考えの方には、着物買取専門店「着物10」の宅配買取がおすすめです。

着物専門店「着物10」の宅配買取なら、全国どこからでも手数料無料で利用できて、古い着物でも、和装小物でも1点から査定が可能です。

さらに、着物10は買取した着物を「NPO法人 きものを着る習慣をつくる協議会 きもの支援センター」をはじめ、就労支援施設や着物加工販売企業へ寄付しています。

捨てる予定の着物をお金に換えられて、寄付までできちゃうのはお得ですよね。こちらでは着物10の宅配買取をオススメする理由を3点お伝えしたいと思います。

1.箱に詰めて送るだけ!しかも、送料無料!

宅配買取は簡単に利用可能

申込みから査定完了まで、手数料は完全無料です。無料で梱包キット(ダンボールなどの資材一式)をお送りしますので、着物を詰めて送るだけ。

お値段がついたお品物はすべて1点ごとの明細をお出しします。お品物は弊社ネットショップで販売し、新たに必要とされている方にお届けします。

2.分別する必要はありません!和装品ならすべて買取OK

買取できる着物一覧

着物のほか帯、和装小物など、まとめて査定が可能です。振袖や毛皮コート、婚礼品など、和装品はすべて買取対象です。

3.値段がつかなかった着物も無料でお引き取り

買取した着物は再販売や寄付している

残念ながらお品物に値段がつかなかった場合は、お客様のご了承をいただけましたら無料でお引き取りし、小物やハギレにリサイクルするなどの取り組みを行っています。

また生地をほどいて加工販売している企業への提供、障害者の雇用・就労支援を行う企業への寄付など、できる限り再利用を心がけています。

 

処分・買取を検討の方はこちら
宅配買取のお取引の流れ

▼詳しくはこちら▼

着物10を詳しく見る

まとめ

振袖や留袖、色無地や小紋など、着物には用途に応じてさまざまな種類があり、それによって買取相場も異なることがおわかりいただけたでしょうか。

思い出が詰まった着物を適切な買取相場で売るためには着物買取専門店に依頼するのがおすすめです。

箱に詰めて送るだけの着物買取専門店「着物10」をぜひご利用ください!