大阪市で着物を処分する方法!リサイクルや寄付をする選択肢もあり!

大阪市で着物を処分する方法!リサイクルや寄付をする選択肢もあり!

「もう着ない着物を処分したい」
「大阪市では着物は何ごみ?小物類は?どうやって出すの?」
「着物を寄付したりリサイクルする方法はないの?」

この記事は、こんな方に向けて書いています。

まずは、大阪市で着物を捨てる時に守らなければならないルールをご紹介します。

大阪市で着物を捨てる時に注意すべきポイント

着物は「普通ごみ」か「資源ごみ」か?バッグは・・・?と、ごみの分別は市区町村によって違うので難しいですよね。

ここでは着物類の分別について整理していますが、確実な情報についてはお住まいの行政サービスのホームページを必ず確認するようにしてください。

さっそく大阪市のゴミの分別について見ていきましょう。

着物/帯/足袋/反物など

布類はすべて「古紙・衣類」で、回収頻度は週1回です。

雨などで着物が濡れないように、袋の口をしっかり閉じるように気をつけましょう。

帯留め/かんざし/ピンなど

帯留めなど和装小物の分類は「普通ごみ」で、回収頻度は週2回です。

もし、木製のケースに入っている場合も「普通ごみ」として出すことができます。

バッグ類

最大の辺または径が30cm以下のバッグは「普通ごみ」で、回収頻度は週2回です。

最大の辺または径が30cmを超える場合は粗大ごみ収集依頼が必要です。

草履/下駄

草履や下駄など、履物は「普通ごみ」で、回収頻度は週2回です。

収納されている紙箱は「古紙・衣類」になり、回収頻度は週1回です。

ゴミとして捨てた着物は、資材等にリサイクルされます。着物としての形は残りませんが、一番簡単で確実な処分方法ですね。

「捨てる」以外の方法もこんなにある!自分に合った方法は?

ゴミとして着物を捨てる場合の分別についてご紹介しました。

ただし大掃除などで一度に大量に衣類を出す場合は、小分けにして別の日に出したり、民間の再生資源事業者に収集を依頼する必要が出てきます。

また「今すぐに片付けたい」という場合は、次の回収日まで待つ必要があったり、量が多いと大変ですよね。

着物を手放す方法は、「捨てる」以外にも考えられます。

・知人に譲る
・NPO法人などに寄付する
・着物の宅配買取を利用する

ただごみとして処分してしまうよりも、着物を役立てられたり、家計の足しにできたりと、自分に合った方法を検討することもおすすめです。

着物の処分には着物買取専門店「着物10」の宅配買取がおすすめ

「とにかく簡単で、お得」な方法をお考えの方には、着物買取専門店「着物10」の宅配買取がおすすめです。

箱に詰めて送るだけ!しかも、送料無料!

申込みから査定完了まで、手数料は完全無料です。

無料で梱包キット(ダンボールなどの資材一式)をお送りしますので、着物を詰めて送るだけ。

お値段がついたお品物はすべて1点ごとの明細をお出しします。

お品物は弊社ネットショップで販売し、新たに必要とされている方にお届けします。

分別する必要はありません!和装品ならすべて買取OK

着物のほか帯、和装小物など、まとめて査定が可能です。

振袖や毛皮コート、婚礼品など、和装品はすべて買取対象です。

値段がつかなかった着物も無料で引き取ります

残念ながらお品物に値段がつかなかった場合は、お客様のご了承をいただけましたら無料でお引き取りし、小物やハギレにリサイクルするなどの取り組みを行っています。

また生地をほどいて加工販売している企業への提供、障害者の雇用・就労支援を行う企業への寄付など、できる限り再利用を心がけています。

まとめ

大阪市で着物を処分する方法をご紹介しました。

着物を手放す際は、ただ「ゴミとして捨ててしまう」よりも、リサイクルできてお金にもなる着物の宅配買取がおすすめです。

着物を片付けたいと考えている方、ぜひご自分に合った方法をお試しください。