浴衣の買取相場は?おすすめの売却先と高価買取ができるコツ

浴衣の買取相場は?おすすめの売却先と高価買取ができるコツ

デザインが豊富にあり気に入った柄のものがあると、つい購入してしまう浴衣。

浴衣は本格的な着物と比べると価格が安いので、何着も持っている方も多いのではないでしょうか。

また購入したものの、着用せずにタンスに眠っているなんてことも。

人気のメーカーや伝統工芸品ともなると、2万円以上で売却されることもあります。

ここでは浴衣の買取相場に加えて「浴衣を買取ってもらえる売却先」「高く買取ってもらうための6つのコツ」についてご紹介します。

浴衣は買取してもらえる?

浴衣は買取してもらえる?

湯帷子(ゆかたびら)の略称で平安時代から湯船につかる際に使われてきた浴衣。

現在では夏の風物詩となっているため、夏祭りなどで着たことがある方も多いのでは。

新作が出るたびに購入したため、タンスの中に眠っているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

まだ着れるのに捨ててしまうのも勿体ないと考えてる方は、買取を検討してはいかがですか?

浴衣は着物として売却が可能です。

有名作家やブランドの浴衣は高価買取できることもあります。

しかし浴衣の状態が悪いものは査定が付かない可能性もあるため日頃のお手入れに注意が必要です。

浴衣の買取相場はどの位?

浴衣の買取相場はいくら?

浴衣は元値が低いこともあり他の着物と比較しても買取相場が低い傾向にあります。

しかし保存状態が良く希少性の高い浴衣は1万円以上になる可能性もあります。

ここでは浴衣の買取相場がどのくらいかご紹介します。

ミシン仕立て(汚れあり):~1,500円

汚れの少ない浴衣:~2,000円

綿絽・綿紅梅:~3,500円

竺仙鑑制 愛染:~18,000円

SOUSOU:~11,000円

TSUMORI CHAISATO:~16,000円

anan:~10,000円

岡重:~20,000円

※上記価格は相場価格を参考として表しております。すべての買取価格を保証するものではございません。

 

ノーブランド品で状態が悪いものは買取査定が付かない可能性が高くなってしまいます。

一方で有名ブランドなど需要が高い浴衣は2万円前後の買取価格が付くことも。

保存状態が良いほど高価買取につながるため、日々のケアは大変重要です。

浴衣の一般的な3つの買取方法

浴衣の一般的な3つの買取方法

浴衣を買取してもらうと考えた際に、どのような店舗に持ち込もうと考えるでしょうか。

じつは買取先によって査定額に大きな違いがあります。

ここでは浴衣の一般的な買取り先についてご紹介します。

リサイクルショップ

リサイクルショップは衣類に限らずほとんどの製品を買取してくれて、店舗数も豊富にあるため足を運びやすいメリットがあります。

また持ち込んだものはその場で買取してくれるので、すぐに現金化して欲しい方にとっては使いやすい売却先といえるでしょう。

しかしデメリットもあり浴衣などの着物を専門的に取り扱っておらず、専門の査定士が在籍しているわけではないため相場よりも低い見積額を提示されるケースがあります。

有名ブランドの浴衣であっても、二束三文の買取価格になってしまうことも。

高価買取を希望される場合にリサイクルショップで買取してもらうのは、避けることをおすすめします。

ネットオークション

ネットオークションは買取店に営業時間がないので、自分の好きな時間で取引ができるメリットがあります。

また個人間でのやり取りであるため出品価格を自分の裁量で決定でき、買取相場よりも高い値段で買取ってもらえる場合があります。

しかし売却するまでには商品の特徴・状態を把握し相手に教える必要があります。

また梱包・発送はもちろんのこと、万が一商品に対してクレームが起きた場合も対応しなければいけません。

さらにすぐに買い手が見つかるわけではないので、手間をかけたわりに売れないというようなこともあります。

オークションに慣れていない方やすぐに現金化をしたい方にはあまりおすすめできません。

着物買取専門店

着物買取専門店は専門の査定士が一つひとつ丁寧に鑑定しているため、浴衣の正確な価値を見極めてくれるメリットがあります。

そのため浴衣の買取で損をする確率が極端に少なく、オークションにありがちなクレームや面倒な手間も必要なく買取ってもらえます。

「着物10」は宅配専門の買取店であるため、段ボールに詰めて送るだけで正確な査定を行ってもらえます。

また郵送時に必要な送料も一切必要ありません。

浴衣を高く売るためのポイント6選

浴衣を高く売るためのポイント6選

大切に使っていた浴衣を手放すのであれば、少しでも高価買取をしたいですよね。

じつは浴衣を査定に出す前に、いくつかのコツを押さえておくと買取価格が上がる可能性があります。

ここでは浴衣を高く買取してもらうためのポイント6選をご紹介します。

浴衣をクリーニングに出す

浴衣は肌に直接触れるため、汗染みや黄ばみなどで経年劣化がしやすい着物です。

このような状態で家庭で洗濯すると、シワや糸のほつれの原因となってしまいます。

経年劣化に加えてシワやほつれがあると、買取価格の減少や査定自体がつかない可能性も。

浴衣のシーズンが終わった後はクリーニングに出すよう心がけましょう。

4~7月の需要が高い時期に売却する

買取価格が着物の中では低い浴衣ですが、シーズンに入ると需要が高まるため買取価格が上がる傾向にあります。

とくに夏祭りや花火大会が開催される4月~7月の間に査定に出すことをおすすめします。

一方でシーズンが終わる8月になると需要が一気に下がるため、買取価格も下がりやすくなってしまいます。

売却を検討している方で有名メーカーの浴衣を所有している方は、この時期を狙って買取に出しましょう。

帯や下駄もセットで売却する

浴衣は帯や下駄をセットで購入する方が多いのではないでしょうか。

浴衣を買取してもらう際に帯や下駄などもセットで売却すると、高価買取される場合があります。

また帯や下駄以外にも、使用していない和小物も一緒に査定に出すと買取価格が上がります。

売却時に証紙も提示する

有名メーカーの浴衣には購入時に証紙が付いていることがあります。

浴衣の価値を証明するものであるため、証紙があると買取金額が上がることも。

買取してもらう予定の浴衣に証紙が付いている場合は、忘れずに提示しましょう。

日頃の手入れに気を配る

シーズンオフ中の浴衣はタンスに保管している方も多いでしょう。

タンスに保管していると臭い・虫食いが原因で経年劣化のスピードが早くなってしまいます。

そのためシーズンオフ中の浴衣はハンガーなどに掛けて風通しをしてから畳むようにしましょう。

さらに保管時は通気性や除湿効果が高まる「たとう紙」に包んで収納します。

たとう紙に包むことで、浴衣を湿気から守れます。

呉服店や100円ショップでも購入できるので、忘れずに活用しましょう。

浴衣を保管するうえで重要なのが「虫干し」です。

虫干しは年に数回タンスやクローゼットから取り出し、風通しの良い場所に干すことです。

虫干しを行うことで外注や湿気から浴衣を守れるので、日頃のお手入れには気を付けるようにしましょう。

伝統工芸品・有名産地の浴衣を売却する

浴衣は着物と比べると買取価格が低い傾向にありますが、伝統工芸品・有名産地・有名メーカーの浴衣は高価買取が期待できます。

浜松本染や東京本染などの伝統工芸品は1万円以上の買取価格が付くことも。

所有している浴衣が伝統工芸品・有名産地のものであれば、状態が良いうちに早めに査定することをおすすめします。

高価買取の実績がある専門業者を選ぶ

高価買取の実績がある専門業者を選ぶ

浴衣を高価買取してもらう場合は実績が豊富な専門業者を選ぶようにしましょう。

「着物10」では有名作家や伝統工芸品の買取実績が豊富にあります。

また買取対象であれば「種類」「傷」「汚れ」「年代」に関わらず査定しております。

買取業者によっては高額品以外は返送されるケースもありますが、「着物10」では査定を断るようなことはしていません。

そのためさまざまな着物類の買取実績が豊富にあるため、安心して査定をお任せできます。

まとめ

浴衣は価格がリーズナブルでおしゃれなデザインのものが多いため、新作が出るたびに買ってしまう方が多いのではないでしょうか。

購入したけれど譲る相手もいなく捨てるにも勿体ない方は、ぜひ買取を検討してみては。

「着物10」は査定料・送料・買取手数料・振込手数料・資材代は全て無料で利用できます。

買取決定率も98.8%と高く、WEB上から査定申し込みが可能です。

浴衣をたくさん所有している方は、ぜひ一度「着物10」までお問い合わせください。