男性着物の買取相場は?高価買取のポイントと売却方法を解説!

男性着物の買取相場は?高価買取のポイントと売却方法を解説!

男性着物の買取相場は幅広く安いものでは数千円程度です。

しかし希少価値のある着物であれば10万円以上で買取されることもあります。

ここでは男性着物の「買取相場」と「高価買取してもらうための5つのポイント」「おすすめの売却方法」をご紹介します。

男性着物の買取相場はどのくらい?

「数年前に購入したけど着る機会が減った」「買取ってほしいけど相場がどのくらいか分からない」などお悩みの方は多いのではないでしょうか。

大切に着ていたものだからこそ、少しでも高く買取って欲しいですよね。

ここでは男性着物の買取相場についてご紹介します。

鈴源織物:~10,000円以上

本場大島紬 男性用アンサンブル:~30,000円以上

本場黄八丈 特選草木染め手織り紬:~80,000円以上

田中林次作 本場結城紬:~100,000円以上

※上記の買取相場はあくまで目安であり、保管状態・年代・市場状況などによって価格は大きく変化します。

 

上記の買取相場はあくまで目安であり、保存状態が良く素材が正絹であることが条件となっています。

状態が悪いと買取価格が大幅に下がる可能性があることも覚えておきましょう。

男性着物を高価買取してもらう5つのポイント

男性着物は女性着物と比べて需要が低く、着物市場でのシェア率はおよそ5%とされています。

そのため女性着物よりも買取価格が低い傾向にあり、高価買取は期待できないのが現状です。

しかしいくつかの注意点を守ることで、高価買取につながる可能性があります。

ここでは男性着物が高価買取につながる5つのポイントをご紹介します。

有名作家・有名産地の男性着物

女性着物と同様に男性着物も有名作家・有名産地のものは高価買取が期待できます。

男性着物は女性着物と違い落ち着いた雰囲気のものが多いです。

しかし江戸小紋のような珍しい柄や色の男性着物は人気が高く、買取額が高くなる傾向にあります。

人間国宝の着物となると10万円以上の高額査定になることも。

お持ちの着物が伝統工芸品・有名産地・有名作家であるかどうか一度チェックしておくと良いでしょう。

証紙がある場合は必ず提示する

着物の価値を証明する証紙には着物の産地・製造年月日・作家名など、重要な情報が記載されています。

とくに伝統工芸品や有名作家が手掛けた着物には、証紙・落款が必ず付属しています。

買取査定時に証紙があるだけで買取価格アップにつながるでしょう。

一方で証紙が無いと買取額が大幅に下がるケースも。

所有している男性着物に証紙が付いている場合は、忘れずに提示しましょう。

サイズが大きい男性着物を売る

サイズが大きい男性着物は買取額がアップする傾向にあります。

男性着物には女性着物のように「おはしょり」がないため、着丈に合う人しか着ることができません。

しかしサイズが大きい着物に関しては仕立て直してのサイズ調整が可能です。

一方で丈が短い着物を大きいサイズに仕立て直すことはできませんので、着られる人が限定されてしまいます。

着物のサイズが大きいとさまざまなニーズに対応できるため、査定額は自ずと上がります。

保管状態が良い男性着物

保管状態が良いかどうかは着物の価格を決めるのに重要な要素の一つです。

何度か着用していても、状態が良ければ買取価格はアップする可能性が。

逆にあまりにも状態が悪いと、有名作家の物であっても値段がつかないケースもあります。

そのため日々のメンテナンスに気を付けて、できる限り良い状態で保存するよう心掛けましょう。

着物を綺麗な状態に保つ方法は以下の4つです。

①綺麗にたたんでたとう紙で包む

②湿気で発生するカビを抑えるために年に3回虫干しを行う

③保管スペースに着物を詰め込みすぎない

④着物の収納には桐箱や桐タンスを使用する

 

着物の生地は傷みやすいため保管する場合は丁寧に扱いましょう。

買取を希望される場合は、劣化する前の早めの査定をおすすめします。

袴も一緒に査定に出す

男性着物を買取に出す場合、礼装や略礼装時に使用できる袴も一緒に買取に出すと査定額がアップする可能性が高いです。

着物と同様袴も有名作家・伝統工芸品の物は希少価値が高く需要もあるため、高価買取が期待できます。

例えば宮城県の「精好仙台平」は国の重要無形文化財に指定されています。

こちらの袴は市場に出回る数が少ないため、高額になる可能性が非常に高いです。

男性着物を買取するならどこがおすすめ?

男性が着物を着る機会が少ないので、持っている男性着物を売ることを考えている方も多いのでは。

しかし闇雲に売ってしまうと相場よりも低い価格で買取されるケースも。

ここでは男性着物をできるだけ高値で買取してもらうのにおすすめの方法を解説します。

オークション・フリマアプリを活用する

オークションやフリマアプリを使えばスマートフォン一つですぐに出品できます。

また自身が希望する金額を付けられるため、購入希望者が見つかれば相場以上の金額で売れるケースも。

しかし出品するための商品の撮影・梱包・発送は全て自分で行わなければなりません。

また顧客からの値引き交渉・問い合わせ・クレーム対応なども自分一人で行う必要があり、予想以上に手間がかかります。

さらに出品してもすぐに売れるとは限らないので、手元に現金が入るまでに時間がかかる可能性があります。

オークションやフリマアプリに慣れていない方におすすめの方法ではないことを覚えておきましょう。

リサイクルショップに売る

リサイクルショップは店舗数が多く買取品目も多岐にわたるため、着物の買取をそこでしてもらおうと考える方も多いのではないでしょうか?

また買取ってもらえればすぐに現金化してもらえるのも大きな魅力でしょう。

しかし着物の買取を行っているリサイクルショップは少なく、買取している場合でも専門のスタッフが常駐していませんので、相場より大幅に低い額で買取されるケースも。

少しでも高く買取して欲しい方は、リサイクルショップに持ち込むのは止めましょう。

着物買取専門業者に買取ってもらう

男性着物を少しでも高価買取してほしい方は、着物買取専門業者に依頼することをおすすめします。

着物買取専門業者にはプロの鑑定士が1点1点丁寧に査定するため、相場に近い価格で買取される可能性が高いです。

「着物10」では男性着物の知識に精通した査定士が常駐しており、和装関連の製品は全て査定致します。

男性着物を売るなら「着物10」で

着物の査定には専門的な知識が必要であるため豊富な実績があるプロの査定士でなければ、正確な相場で買取をするのは難しいでしょう。

「着物10」では経験豊富な着物に関するプロの査定員が一つ一つ丁寧に査定しています。

御召・紬・アンサンブル・紋付一式・袴・帯などを買取対象としており、伝統工芸品や有名作家の着物は積極的に高価買取しています。

まとめ

男性着物は女性着物と比べて需要が低いのは否めません。

しかし大切に長く着ていた着物を買取するなら1円でも高く売りたいのが自然ですよね。

「着物10」では種類・汚れ・傷・年代など一切問わず全て査定致します。

買取業者によっては高級品以外は断るケースもありますが、「着物10」では一切お断り致しません。

取決定率も98.8%と高く、買取時に必要となる送料・手数料も無料。

「着物を整理したいけどお店に持っていくのは面倒」「思い入れのある着物だから高額査定してほしい」とお考えの方は、ぜひ一度ご連絡くださいね。