都喜ヱ門(ときえもん)

古典美術の本場大島紬の最高峰ブランド藤絹織物謹製『都喜ヱ門(ときえもん)』。

都喜ヱ門は「紬一つをわが命とぞする」を人生哲学として、七十有余年を大島紬と共に歩みました。

本場大島紬の伝統技法をベースにしながらも新しい図柄・技法を求め、より忠実に表現するための絣や染色技法を開発、時代を先取りする作品創りに打ち込んでいました。

美術大島のパイオニア、都喜ヱ門が創りだした大島紬は、色が多彩で美しく、豪華絢爛、また緻密さと精密さを有しています。

まるで絵画のような作品の数々は「ペルシャ絨毯をしのぐ」と織物の専門家を驚倒せしめたほどです。

1994年には「百寿」が海を渡り、英国立ヴィクトリ博物館に収蔵され美術作品として世界的に評価されることとなり、海外はもとより国内でも高い評価を受け、数々の有識者が来園しました。

鹿児島市産でも、「都喜ヱ門」と書いた証紙がついている大島紬には旗印ではなく、太陽印の証紙が貼られてあります。

旗印証紙はつきませんが、鹿児島市産の本場大島紬になります。

藤絹織物