宇都宮市 から着物買取!結城紬など買い取り

宇都宮市 からでも買取させて頂いております!

今週一気に冷え込みましたね。
朝起きるのも一苦労!もうちょっと、もうちょっと…とついつい布団の中に埋もれてしまいます。((p(>_<)q))
職場でもとうとうストーブを引っ張り出してきました。
もう、すぐにでも雪が降るのではないかというくらい肌寒さを感じているわけですが、タイヤ交換にはまだちょっと早いかな?
去年は遅れを取ったので、今年こそは早めに替えたいと思います!

そんな中、着物愛好者にとっては待ってましたと言わんばかりにお洒落の季節到来です。
素早く汗を吸い取り体外に放出するという吸湿性・放湿性に優れているシルク(絹)は夏涼しく、冬温かいというまさに万能の素材といえるのではないでしょうか。
肌触りも柔らかく滑らかで、一般的な洋服の綿素材に比べると大変心地よく着られます。

今週は冬に真価を発揮するという、”軽くて温かい”結城紬のお着物をご紹介したいと思います。
「三代着て味が出る」といわれる紬の最高峰「結城」は、茨城県や栃木県が主な生産地で、羽根のように軽くてふんわり暖かく身体を包み込んでくれるような布地と、独特の風合いが魅力的な絹織物です。
他の紬地の着物と比べて頂いても、触った瞬間に独特の柔らかさが感じ取れると思います。

重要無形文化財結城紬のお着物

重要無形文化財
残念ながら証紙はございませでしたが、重要無形文化財結城紬に間違いありません。
結城紬ならではの生地の軽さ、柔らかさを存分に楽しめる素晴らしいお着物です。
藤色に近い清楚な地色が大変素敵です♪

本場結城紬について

結城紬 奥順はたおり娘 証紙付のお着物

結城紬
奥順は明治40年の創業から今日まで続く、長い歴史を持つ老舗です。
「結城紬」を、世界最高の絹織物として後世に伝承し、「はたおり娘」というブランドを確立しました。
長い手間暇をかけて織られる風合い豊かな紬地と、粋な絣の文様は一見の価値ありです。

結城紬について