東京都 から着物買取!城間栄順やたつむらの帯など

東京都からでも買取させて頂いております!

いつもご利用いただきありがとうございます。
城下町金沢から全国宅配買取をしております、着物買取ヤマトクです。
皆様いかがお過ごしでしょうか?
今週も買取実績をご紹介させていただきます。

【 城間栄順 】本場琉球紅型 唐獅子牡丹 名古屋帯

城間栄順
こちらは城間栄順作の本場琉球紅型・特選九寸名古屋帯です。
「赤、黄、青、紫、緑」の紅型をまとった勇猛な唐獅子の傍には牡丹が可憐に咲き誇ります。
「百獣の王」の唐獅子は「百花の王」である牡丹のもとで眠るとされ、安住の地を象徴しています。
沖縄の輝く太陽のように生命力に満ちた文様は、城間栄順氏の作品の中でも特に目の引く芸術品です。

栄順氏は紅型師の中でもおおらかな風合いの表現力が持ち味です。
唐獅子の表情も優しく、可愛らしいですね。 栄順氏の研ぎ澄まされた感性や、心の豊かさがそのまま純粋に表現されているかのようです。
また、長い年月にわたり伝承されてきた紅型の後継者としての責任や、良い作品を作りたいという真摯な想いが伝わってきます。

【 たつむら 】龍村美術織物 吉祥文 本袋帯

たつむら
龍村美術織物の中でも、漢字おりこみの「龍村」製と平仮名おりこみの「たつむら」製がありますが、「たつむら」は生産数量も少なく、大変希少なひと品となっております。
緻密かつ確かな織と金銀糸と赤色や緑色を効果的に配して、異国情緒漂う吉祥文様が完成しています。
市松の中には麻の葉や紗綾形がリズミカルに織りなされ、その対には鯉や龍が存在感をみせます。
重厚感と華やかさの見事な調和が唯一無二の趣をもたらしています。

紋博多 小森久・徳田義成 間道 名古屋帯

紋博多
無形文化財指定染匠・小森久と甘木市指定無形文化財技術保持者・徳田義成さんによる作品です。
手染の草木 秘境の里筑前国 秋月の奥山にて採取した草木で丹精込めて染め上げ、岩清水の湧き出る谷川にてすすぎあげた草木染めです。
無形文化財 【徳田 義成】が心をこめて一起一起手織りした逸品です。

【 藤林徳扇 】御召 格子 着物

藤林徳扇
こちらの作品は十二代目藤林徳扇の作品です。
初代徳扇が、宮家はもとより宮内庁御用達の錦の御旗の織り匠として創業以来、300有余年代々名を継承しています。
王朝趣味に代表される優美さや高尚さを兼ね備えた帯、着物を創作し、さらに“徳扇コスモ・ アート”と称賛される絵画を発表し、世界の著名人から高い評価を受けています。
淡い紫色地に銀糸で格子文様を配した大人の艶っぽさを感じる素敵な作品です。
まさに「優雅」「格調」「貴品」という創作理念に合致する独自の創作性に感銘を受けます。

本場大島紬萬葉【 都喜ヱ門 】証紙付 着物

都喜ヱ門
紬萬葉は古来伝統の草木染の技法と現代染色法とを併用し、意匠感覚と色彩で織り上げた本場大島紬です。
世界的に高い評価を受けた『都喜ヱ門』ブランドの至高の逸品。
これほど状態もよく構図も素晴らしい作品は年に幾つあるでしょうか。
道中の旅人と題された旅風景画の繊細な構図や情景を見て取れます。

【 ふりふ 】刺繍 赤ずきんちゃん 付下げ

ふりふ
赤ずきんちゃんの童話の世界を忠実に刺繍で再現した面白味のある作品です。
後身頃の紋の部分には毛糸の帽子を被っておばあさんに変装している狼があしらわれております。
後身頃には狼が赤ずきんちゃんの跡をつけながら木に隠れてじっと観察している様子が描かれております。
左見頃にはしめしめと笑う狼の姿。 家の周りには、パンとワインが入った籠やうさぎ。 そして木の枝にはリスや梟が配されております。
右衽(おくみ)には赤ずきんちゃんの英語名の“Little Red Riding Hood”が施されております。

>ふりふについて