着物 産地 伝統織物を査定させて頂きました!

着物 産地 の有名織物を中心に多数買取させていただきました!

城下町金沢から全国宅配買取をしております、着物買取専門店ヤマトクです。

今週はとくに多かった日本伝統織物などご紹介させていただきます。
着物の三大産地などなど(〃∇〃)
一部ですが下記にお見せしたいとおもいます。
他にもたくさんの作品を査定させていただきました。ありがとうございます!

【 重要無形文化財本場結城紬 】証紙付 アンサンブル

重要無形文化財本場結城紬
着物は人とともに、またそれ以上に永くある、生きた証となるようなもの。
その重みを負えるほどの「もの」はあまり多くはありません。

本場結城紬は、そうした数少ないもののひとつです。
「三代着て味が出る」といわれる紬の最高峰「結城」は、茨城県や栃木県が主な生産地で、軽くてふんわり暖かく身体を包み込んでくれるような絹地と、独特の風合いが魅力的な織物です。
そして「重要無形文化財」の本結城は、手紡ぎの絹糸の使用、手括りの絣、地機で織る事の三つの要件を満たさなければ指定されません。

紺色地に総柄の優しい水色の十字絣がたっぷりとあしらわれて。
余韻を残す絣足に職人の高度な技術力を垣間見ることができます。
最高の贅沢紬である“憧れ”の本場結城紬。現代シーンにも馴染むアンサンブルです。

【 本場結城紬 】男性用 アンサンブル

本場結城紬
奥順株式会社謹製の重要無形文化財指定の「結城紬」です。
高い技術と気の遠くなるような長い時間をかけて丹精を込めて完成した究極の逸品です。
灰色地に十字絣の縞が織りなす、贅沢な洒落味。
他の着物にはない軽やかさと華やかさが調和しています。

【 本場奄美大島紬 】花縞 証紙付 袷 着物

本場奄美大島紬
証紙
世界的にも高い評価と名声を集め、着物ファンの永遠の憧れである本場奄美大島紬
古来より島に自生する車輪梅を染料とし、奄美の泥で鉄媒染する糸染を繰り返し行うことにより、独特の深みのある黒褐色に発色させます。こちらの作品は極上のしなやかさを誇る泥染め地に緻密な絣技法で可愛らしいお花を規則正しく並べています。
多くの時間をかけて職人たちが丹精を込めて懸命に織りあげた芸術品です。
その芸術的な出来栄えは、いざお召しになる時に貴女に最高の輝きを与えてくれることでしょう。
帯合わせを考える時も夢見心地な気分になりますね。

本場大島紬【 白正藍染 】証紙付 袷 着物

本場大島紬
証紙
窪田織物は時代の感性を取り入れながらも、常に新しい織物を創造しています。 藍は色の名前ではなく植物の名前です。
双子葉植物離弁花類の一科で温帯に多く、世界に約40属800種があります。 天然藍の成分には除菌・防虫の効果があり、洗えば、洗うほど繊維の奥に色素が定着すると言われています。
人々が手で育て染め上げ伝承してきたこの日本の心の色を素材を吟味し時をかけ、季節を経た中に正藍大島紬として誕生させました。
正藍染の神秘的な輝きに目が奪われ、花吹雪の美しい姿に心が虜になります。
軽くてしなやかな着心地は、さすが本場大島紬と納得していただけるもので、きっと本物の大島紬の魅力に虜になることでしょう。

【 上田紬 】粋縞 証紙付 袷 着物

上田紬
証紙付
生糸を経糸に、真綿からつむいだ紬糸を緯糸に織る上田紬は三百有余年の歴史をもつ伝統工芸品です。
さらりとした心地よい感触と、軽さ、丈夫さ、吸放湿性の高さという絹の特性に加え、落ち着きある光沢と独特の風合いが紬の持ち味です。
ほっこりとした優しい紬地とキリリとシャープな縞のコントラストがまた面白く、モダンな和姿を演出いたします。
季節ごとに帯合わせで着こなしに変化をつけながら色々とお楽しみいただけそうです。

>上田紬について

【 牛首紬 】霞暈し 袷 着物

霞暈し
牛首紬は二匹の蚕が偶然作りだす玉繭を直接手で引き出して一本の糸にしていく「のべ引き」という工程によって味わいのある節、美しい艶、滑らかな手触りが生まれます。
玉繭から引き出した太くしっかりとした糸によって堅牢度が高くなり、別名「釘抜き紬」とも称されます。

玉繭から生まれる経糸の節感が豊かな表情をみせて。
密な織くちとしなやかな質感はさすが牛首紬と納得する仕上がりでございます。

【 牛首紬 】波 モダン 証紙付 袷 着物

モダン
牛首紬
墨色地に深く深く味わいのある色彩の縞が大きなうねりをみせて、躍動感が生まれています。
牛首独持の光沢感にやさしい絹すれの音がする軽くてしなやかな地は、 他のお着物とは一線を画する上質な手触りとなっています。
大人のゆとりある和姿を演出する着物ファン“憧れ”の牛首紬、素晴らしい作品です。